東北三大祭りの一つ「青森ねぶた祭り」。毎年多くの観光客でにぎわいますね。

 

骨組みに和紙を張り、色を施した巨大灯篭人形「ねぶた」。
「ねぶた」を匠に操る曳き手、太鼓や笛を奏でる囃子方、
独特の浴衣と花笠を身につけ「ラッセラー」の掛け声に合わせ踊る跳人(はねと)。

 

これらが三位一体となり国内だけでなく、海外からのの観光客をも魅了する祭り。
それが東北三大祭りの一つ「青森ねぶた祭り」です!

ねぶた祭りとは

青森ねぶた祭りとは青森県青森市で

毎年8月2日~7日にかけて開催される夏祭りで、

毎年約300万人以上の観光客で訪れる東北三大祭りの一つです。

nebuta

1980年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

この動画をみればねぶた祭りの規模の大きさが伝わってきます。

ねぶた祭りの由来

青森ねぶた祭は、七夕祭りの灯籠流しの変形であるといわれていますが、
その起源は定かではないそうです。

 

奈良時代に中国からきた「七夕祭」と、古くから津軽にあった行事が一体化して、
紙と竹、ローソクが普及し、それが灯籠となり、
それが変化して人形、扇ねぶたにとなったといわれています。

ne01

最初の頃ののねぶたの形態は「七夕祭」であったといわれています。

 

そこに登場する練り物の中心が「ねぶた」と呼ばれる「灯籠」であり、
七夕祭は7月7日の夜に穢れ(けがれ)を川や海に流す、禊(みぞぎ)の行事として
灯籠を流して無病息災を祈りました。

 

これが「ねぶた流し」と呼ばれ、現在の青森ねぶたの海上運行となっています。

 

「ねぶた(ねぷた・ねふた)」という名称は、信越地方の「ネンブリ流し」、
関東地方の「ネブチ流し・ネボケ流し・ネムッタ流し」等の方言学から
「ねむりながし」の眠りが「ねぶた」になったといわれています。

ねぶた祭りの日程

◆8月2日3日
19:10~21:00:子どもねぶた・大型ねぶたの運行

 

◆8月4日5日6日
19:10~21:00:大型ねぶたの運行
8月6日はねぶた大賞他、各賞を発表。

 

◆8月7日
13:00~15:00:大型ねぶたの運行
19:15~21:00頃 (会場:青森港):第59回青森花火大会・ねぶた海上運行
受賞したねぶたが青森港を運行し、花火とともにネブタ祭のフィナーレを飾ります。

観覧席

◆ねぶた祭り
日程:8月2日~6日
ローソンチケットにて観覧席のチケットが発売中です。
ローソンチケット
¥2,200~¥2,500

 

◆第59回青森花火大会
日程:8/7(水)19:15~21:00
A席¥4,000 B席¥3,500 C席¥3,000
一般発売:7/8(月)10:00~
ローソンチケット

ねぶた祭り 2013 ツアー

近畿ツーリスト

クラブツーリズム

四季の旅

Torabel.jp(比較サイト)

阪急交通社