急性大動脈解離(きゅうせいだいどうみゃくかいり)は解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)とも呼ばれている病気です。

health03

動脈の壁は中心から「内膜」「中膜」「外膜」と3層でできています。
動脈解離とはこの「内膜」に穴が空き、「中膜」と「内膜」の間に隙間ができます。

この隙間がどんどん裂けて2重の腔になってしまう上体です。
この大動脈に解離が発生した状態のことを解離性大動脈瘤または急性大動脈解離といいます。

この病気の怖いところは突然発症し、放置すると発症後48時間以内の死亡率は50%、一週間以内に70%、2週間以内に80%という高率で死亡するといわれています。

放置すればするほど生存率が下がるので気づいたらすぐに病院にいく必要があります。

health02

芸能人では過去に加藤茶さんが大動脈解離を発症しました。10時間の大手術は無事成功し、今は復帰されていますね。

急性大動脈解離の原因としては動脈硬化、高血圧などがあげられています。

動脈硬化、高血圧の原因は
・塩分の摂りすぎ
・肥満
・過剰なストレス
・大量のアルコール摂取
・煙草の吸い過ぎ
・運動不足
があげられています。

症状は?

1.激しい胸痛
2.激しい背部痛

この2つが主にあげられていました。これとは別に

・手足の血圧差
・心不全による呼吸困難
・心タンポナーデによるショック
・心筋梗塞による胸痛
・脳虚血による一過性の麻痺
・脊髄虚血による半身麻痺
・心不全症状
・血圧の上昇または低下
・胸水の貯留
・腎不全
などが併発することがあります。

種類

スタンフォードA型、B型と2種類あります。

◆スタンフォードA型
上行大動脈に解離があるもので、急死にいたる合併症を起こしやすく、迅速な外科的治療が必要になり、緊急手術までの間に、破裂することにより突然死することもあり深刻な症状です。

◆スタンフォードB型
上行大動脈に解離がないもので、臓器障害などの合併症を起こしている場合は緊急手術が必要ですが、血圧を下げ、解離や合併症の進展が起こらないように集中治療管理が行われます。2日間の絶対安静、約1週間のペットでの安静が必要です。その後に内服薬などで血圧の調整を行いながら日常生活へと復帰していきます。

解離性大動脈瘤に対応している名医がいる病院ランキング

厚生労働省が好評しているDPC資料の中から治療・手術実績の2点からランキング形式された情報を見つけました。

1位 千葉西総合病院
2位 川崎幸病院
3位 心臓病センター榊原病院
4位 社会保険小倉記念病院
5位 仙台厚生病院
5位 榊原記念病院
7位 埼玉医科大学国際医療センター
8位 自治医科大学附属さいたま医療センター
9位 自治医科大学附属病院
9位 横浜市立大学附属市民総合医療センター

こちらのサイトでは約300件の病院が掲載されていました。
全国の解離性大動脈瘤の治療・手術病院

予防するには?

胸痛が主な症状ですが、急性大動脈解離は解離が進行するまでは無症状ともいわれており、心筋梗塞のように狭心症の状態もないため生存率が低いのは前兆があまりないともいえます。

血液中で起きているだけになかなか見極めにくいのですが、詳しく知る為には画像診断の血管造影やMRIが有効です。また心臓超音波も有効といわれていますが、大動脈の大部分は体の奥を流れているので有効性は限定されているとも言われています。

health04

予防で効果的なのはやはり食事と運動。運動中は血圧が上昇するのですが、長期的に見ると血圧を下げてくれるので効果的ですね。また喫煙習慣も原因の一つなので禁煙も効果的です。